読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるな の 生活

新米妻のはるなの日々の生活を綴ってます。生存報告〜〜!(ピンドラ風に

この、真綿で首を絞めるような、優しさに息詰まる世界に徒なす日を夢見る狂犬として

感想・考察
 
ーーーー生きなければいけないことが、しんどい。
 
今日は突然の感想ブログです。
ふと始まった第1回めは伊藤計劃さんの「ハーモニー」
小説が原作ですが、映画化もされましたね!
主題歌がEGOISTということもあって大好きなのです。
 
 
簡単にあらすじ
21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した―それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰にただひとり死んだはずの少女の影を見る―『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。
出版社:早川書房(ハヤカワ文庫JA)
 

 

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

と、いう作品なのですが・・・結論から述べるので、ネタバレ注意です。
 
 
 
ハーモニーでは最後、全世界人類の個々「わたし」というものが消失します。もちろんハーモニー・プログラム後の世界では、個人の感情で鈍った誤判断も起らないでしょうし、穏やかな社会は滞りなく続くでしょう。そこには、戦争も諍いも自殺もありません。
人類は、不都合の多い動物的な部分を切り離し、社会的存在へと完全シフトすることに成功しました。みんな幸福です。
ですが、それを見聞きし考え感じる主体は、存在しません。

リアル世界での、機械や人工知能は、「わたし」という魂が入っていないのにちゃんと動いています。
人間は、個々が「わたし」を持っているとは言え、自分以外のすべての人間は「わたし」そのものではないので、本当に他人にも「わたし」があるかは確かめ切れないのです。

ここで言いたい事は、よくある「管理社会の辿るべき未来と現代社会に蔓延する合理化志向により目に見えない息苦しさ」
わたしのハーモニーの感想の中では、ここはおまけ。
 
わたしは、ミァハ、キアン、トァン、この三人が好きってことを伝えたいのです。
ハーモニーでは世界の混乱の先の破滅を描き、あらゆる病気を根絶し絶対的な倫理と善意を全世界に浸透させた、極限までシステム化された「優しさ」が支配するユートピアとしての世界が描かれます。
生命を何よりも重んじる生命主義の中で生かされる人類。
「この、真綿で首を絞めるような、優しさに息詰まる世界に徒なす日を夢見る狂犬として。」
題名に入れたこの一文、すごく優しく、温かく、生きる事を望まれているが、その優しさに窒息しそうな様子が感じられる一文だと思います。すごく印象的でした。
 
既にデッドメディアとなっている「本」を読む変わり者の少女ミァハは、そんな自由、博愛、平等の行き届いたこの世界を嫌悪していました。
大人になればWatchMeを体にいれなければならない。そうなると、栄養不足は健康コンサルタントのサーバに通達され、救急車を呼ばれるだろう。
自殺するには、少女である今しかない。生府の財産、インフラである体を傷つけることによる、生府への攻撃です。
 
ここで女性を選んでくれた事に、感謝です。男性と女性、成熟していくにあたって、外見の変化が一目瞭然です。
さらに、他者、異物に入り込まれる感も、女性の方が表現上適しているものと思われます。
また、自殺するに当たり、拒食による餓死を選ぶ、そして、それをカリスマ的な少女に影響されて決行してしまうというあたり、男の子より女の子の方がしっくりきます。拒食症は、女性の方が多いですからね。
 
「わたしはおとなにならないって世界に宣言してあげようよ。(このからだは)は、ぜんぶわたし自身のものなんだって、静かにどなってやろうよ」と言いつつ、別の箇所で述べている「自分達の体は生府の財産でインフラだ」という発想、「それを単に傷つけるのではなく健康を嘲笑うやり方をしようよ」「奴らから体を取り戻してやる」という考え方からしてもう、自分が生府の末端、大きな全体の中の一部だと認めている証拠ですよね。
自意識、「わたし」、主観、魂、こういうものについての考えすぎは禁物ですが、少しでもそういった意味での「たった一人のわたし」という感覚があれば、自分を傷つけたり滅したりすることで、セカイに攻撃しようとは考えないと思うんですよ。

反抗する事で自分の生をアピールする。
 
わたしは、なにか失敗することがあると、すぐに「死にたい」とつぶやいてしまいます。間違ってしまったわたしを、世界から消滅させたい。基本的に、周りの人と同じ行動をとって、目立ちたくない人種なので。笑
 
でも、違う。間違ってしまったり、失敗する、それも個性。たった一人のわたし。三人の少女が求めていたもの。
わたしはハーモニーのキャラクター(直訳の通りの、特徴)が大好きです。
 
あとすっごくすっごく個人的な好みの話になりますが、カリスマの少女がいて、彼女と行動を共にする二人の少女という設定がすごくよいなって。そうゆう設定大好物です★

 

ハーモニー [Blu-ray]
 

 

 

リローデッド

リローデッド